HOME > 今までの体験談 > 昔ながらのお見合い > 女性編 > 昔ながらのお見合い(女性編)-女性 20代後半

 今までの体験談

 昔ながらのお見合い(女性編)-女性 20代後半

人生でたった一度だけやったお見合い。親せきのおばさんが、とっても良い方だからとうちの両親にわざわざ遠方から写真を持ってきたという事で、うちの親も断れないよと受けたらしい。

まだその頃の私は24歳で、実は男の人とも、まともにつきあったことがなかった。こんな状態で結婚なんてなったらどうしようと、内心すごく心配しながら、結局会うことになった。当日、会ってみると相手の彼は36歳という年齢もあり、すごく大人で、顔はタイプではないものの、ゆるせるかなと思う程度だった。話をしていても面白いので、もう一度二人で会う約束をした。そして二度目デート、ドライブに河口湖へに行った時、楽しくて、車内での会話も盛り上がった。これは、もうつきあってもいいかなと、思っていた矢先。デート後、何日か経ったある日親せきのおばさんから連絡が入った。彼は、もうお会いできないとのこと。理由は性格が合わないようなことをあいまいにつげられた。えっ!と一瞬思ったけれど、彼は年上で、話も面白くて私はぴったりと思っていたのだけど、彼自身は楽しくなったということだったようだ。まったく男から断るなんて失礼な話だと、うちの両親も怒っていたけれど、私は、落ち込みながらも、もっと年上の人ともお話ができるように、磨きをかけなければと思い、男性とつきあったことのない自分にも刺激になったかなーと、その時、お見合いをして良かったと思いました。

真剣な出会い・彼氏・彼女 結婚相手を探すなら ぴったり合うね