HOME > 今までの体験談 > 友人の紹介 > 友人の紹介(女性編)-女性 20代前半

 今までの体験談

 友人の紹介(女性編)-女性 20代前半

毎年恒例の各部署が勢ぞろいする合同忘年会。去年はホテルのレストランを貸切りにした立食スタイルのパーティーだったので、結構気合いを入れたオシャレをして参加しました。

他の部署に親しい女友達がいるので合流し、盛り上がっていたところに彼女の同僚男性も混ざり話が弾みました。翌日友人から「彼、今フリーだって!付き合ってみたら?結構いいやつだしアンタのことタイプって言うからメアド教えちゃった!」とのメールが来て、勝手だなと思いつつも、まあ~感じは悪くなかったかな?と満更でもない気持ちでいました。案の上、彼から食事の誘いメールが来たので思い切って友人抜きで初デート。私の好みを友人から聞いていたのか大好きなインド料理屋さんにエスコートしてくれました。色々と話してみたら、音楽や映画等好みも一緒でデザートを食べる頃には「付き合ってもいいかも」という気分に。彼から「お付き合いしてくれませんか」と誠実な言葉があったので一応OKの返事を返しました。そしてデートを数回重ね、週末には旅行にいくような関係に発展。彼は母一人子一人の家庭環境で早い段階でお母さんにも紹介してくれ、いよいよ私も結婚!?などと思っていました。でも3ヶ月を過ぎたあたりから、彼の男としての許容力のなさがちらほら垣間見えるように!ちょうど職場の異動があり悩んでいたので彼に相談をしたのですが、親身になってくれず、「そういう話は重たい」という態度を取るのです。私としては何でも話せ理解し合える関係に育てたかったのですが、彼には荷が重いようでした。最終的には「そういう話はうちの母さんに相談しなよ!人生経験豊富だし」とさも名案のような顔で言われ一気に気持ちも冷めました。別れを告げても彼はもう少しお互い頑張ろうとメールを送ってくるので、友人に相談したところ「会社ではそんな一面は見せないのに。でも確かお母さんの話題多いかも。気がつかないで勧めてごめんね」と謝られ、間に入ってくれて関係を切ることができました。後日友人から聞いたところ、すごいマザコンで精神的に自立していず、いつも女性と長続きできない人だったとのこと。友人の紹介だとついつい見る目が甘くなる場合もあるので、もっとしっかり自分自身の目で相手を見たほうがいいなと勉強になりました。

真剣な出会い・彼氏・彼女 結婚相手を探すなら ぴったり合うね