HOME > 出会いのパターンを紹介 > 社内恋愛 > 男性編 > 社内恋愛(男性編)-男性 30代前半

 出会いのパターンを紹介

 社内恋愛(男性編)-男性 30代前半

環境の違いはあれど、一般的に会社や職場は仕事の現場でありながら男女の出会いの場でもあります。運命の相手と巡り合い、社内恋愛へと発展し結婚まで至るカップルも多く、逆に関係をこじらせ修羅場の挙句左遷という悲劇的な例も多々あります。

つまり、社内恋愛は将来に関わるメリット、デメリットが大きい恋愛パターンなのです。ですから女性の場合は慎重で、なかなかアプローチをしない人が多いようです。でも男性の場合は…これが意外と逆。結構積極的に社内で恋愛相手を探す人が多いのです。男という生き物は年齢に関係なく常に女性のことを考えているもの。仕事の鬼のような男性でも、ふっと気を緩めた瞬間に同僚を女性として眺めたりしています。男性の場合はほぼ90%、自分の職場の女性を「恋愛対象」か「対象外」に分けて考えています。最初は外見に惹かれても、同じ職場で過ごす内に、「対象外」女性の意外な一面を見て惚れたり、逆に憧れていた女性の嫌な一面を見て引いてしまったり。合コン等の出会いと違い、男性にとっては女性の本音や素を見る事ができるので社内恋愛は大歓迎なのです。ただし、相手の女性側からも見られているのも事実。女性は外見よりも、仕事能力、優しさ、会話や洋服のセンス等細かい部分を良くみています。出世する人が良いという訳ではなく、誇りを持ち一生懸命働いている姿に将来の頼れる夫の姿を重ね好感を持つ場合もあるのです。社内で好きな女性にアプローチしたいなら、まず仕事を頑張る「頼れる男」の姿を見せること。その上で食事やスポーツ観戦、映画など、さりげなくリサーチした相手の趣味に合わせたデートに誘う方が良いでしょう。そして社内恋愛は周囲への配慮が大切。もし社内のアイドルと付き合うようになっても軽々しく自慢するのはやめましょう。別れるようになった場合、相手の女性も可愛そうですし、社内でも気まずい思いをすることになります。特に、仕事でミスをすると男女ともに「恋愛で浮かれているからだ」と言われがちなので、慎重に恋愛を発展させるほうがベスト。社内恋愛は大人のルールを守り発展させることで、結婚にまで至ることができるのです。

真剣な出会い・彼氏・彼女 結婚相手を探すなら ぴったり合うね